答えはスイスにあり

スイスでビールと言えば、たぶんUnfilteredの小麦ビール(代表格Hefe Weizen)かピルスナーと予想はしていたので今回はとりあえず好きなPale Aleはあきらめ、地場のビール。でもこれはさすがにうまかった。1800年代にできたビール工場(というか当時の規模そのままだから家内工業的、まあそれがまたいいのだが)、今もそのまま残っているなんて、なんて素晴らしいのだろう。

スイス代理店のBeat(ビアット、というような発音が正しいらしい)はビールは飲まないので、あまりビール屋には行けなかったが、通り過ぎたIrish Pubは人だかりだった。もしかしたら、皆さんもPale Ale好き?なんて思いながら、入りたい!!モードをBeatにアピールするも彼はおかまいなしに素通り。まあ今回はおとなしく彼に従うか。来年は絶対にこのIrish Pubに入るぞ~と心に誓って。

さて、「答えはスイスにあり」という仰々しいタイトルを付けてみたのは、今回初めてスイスに行って、日本が今後進むべき道のヒントを与えてくれたように思えたから。日本の経団連の面々は中国・韓国ばかり行ってないで、視点を変えてみたら?たぶんあの年代のおじさんたちは中国・韓国が好きなんだろうね、夜は接待してくれ、おいしいものやなにやらで腑抜けにされるのが。じゃないとあんなに頻繁に行かないよ。一方Europeに行っても夜は勝手にどこかでお食事してください、なんて言われてるんじゃない?(ということまではさすがにないと思いたいけど)。もっとひどいのは伊藤忠出身の一民間人を中国大使に任命した民主党のセンスのなさ、というか裏で経団連が後押しでもしたのかどうか。予想通り中国では伊藤忠の商売はダントツだとか。どうしてこうもなん でも経済優先になってしまったのだろう?その割にはすぐに中国に経済的にも嫌がらせをされて、政府に泣きつく経団連って、一体普段なにを中国と交流してるの?夜だけ?

どちらにしても明治時代の賢人たちのように今一度Europeから謙虚に学ぶべき時かと。中国・韓国に何度も行っても日本にヒントは与えてくれないよ。強いて言うと、あまり関わらないほうがいいということくらいかも。でもそれは行かなくともわかるので、もし経団連というのが経済面で日本の進むべき道を提案していくと自負している団体なのであれば(自分にはそうは思えないが)、やってることが違うと思う。でもあの年代の人たちはわからないんだろうね、きっと。

1)さて本題、エアポートに付いて、まず目に入るのは腕時計の看板の多いこと、ああスイスに来たんだなあ、と。スイス雰囲気満載で、いいよ、いいよと思いながらBaggage Claimへ。今度は荷物を運ぶCarouselがなんと静かでスムーズなこと。日本より静かみたい。アメリカは勿論論外だけどね。たぶんスイス製の機械・部品だけで作っているんだろうな?と思わせる。さらにいいじゃない、といきなり「いいね」ボタン押しまくり。片や日本のエアポート、目につくのは一体どこの国に来たのだろう??と錯覚させられるくらいの韓国メーカーの広告ばかり。たぶん国際入札をして、一番条件のいいところを選んでのことと思うが、行政にセンスがないよね。ここにも経済優先が。観光立国を日本も目指すならもっと日本らしいところをエアポートの段階からアピールしないと。

2)スイスはスイスフランを維持し、ユーロ圏に入っていない、ということは商売をしてるので知っていたが、EUにも属していない、とは驚いた。なんで?とBeatに聞いたら、とにかくスイス人というのは他から干渉されるのが嫌いなんだとか。結果的にユーロに加盟してないので、ドイツのように他国に足をひっぱられることもなく、健全な経済を維持し、独自性も確保。人口800万弱の小さいな国が大きなグループに入ると飲み込まれる、というのを知っている一方で独自でも生きていけると覚悟してるのが立派。スイスはかなりの輸出超過らしい。そうだろうね、輸入品は800万人だけの胃袋を満たすだけの食料品くらいで、あとは精密機械・精密部品のような高付加価値のものばかりを輸出していたら。

この風景にスイスの国旗。いいよねえ、結構気に入っている。日本も今一度至る所に日の丸を掲げるべきかと。そうするとこの写真のように風景と日の丸が日本らしい雰囲気で自然に溶け込む日が来るかと。

3)Hardware Shopでよくある普通の金属のイスが売られていた。値段を見たらなんと200フラン、約$200。たぶんスイス製の手作りなんでしょう。ただぱっと見、IKEAあたりだとその1/10くらいだろう、と思いBeatに聞いてみたら、確かに高いかも知れないけど、メインテすれば長く使えるし、スイス国内でお金が回る分にはいいでしょう、とのこと。日本人にも元々倹約の文化があると思うのだが、いつの時代からかメーカー主導で大消費文化となってしまった。で、メーカーもそれで自分たちが大きくなってきたので、今はとにかく大きく経営を回していかないと立ち行かなくなり、現在に至っていると思う。でもマンモス・恐竜と同じように一度大きくなってしまったものはもう小さくはなれないんだろうね。自論だけど経済が縮小するのは全然悪いことではないと思う。それよりも健全かどうか、のほうが重要だと思う。今は日本は経済規模を維持していかないと、という発想ばかり’してるように感じるのだが、付加価値の低い製品の大量生産はどうせ中国にはかなわないのだから、高付加価値の製品あるいは手作り商品を利益を出して、という方向になっていくべきと思う。元々日本に職人芸、というのがあるのだし。この面においてもスイスを参考にするところは多々ありと思う。自分も含めて、今は日本人も「日本製」というものを意識してる度合いは以前に比べれば、かなり強くなっていると思う。なので、あとは企業がいかに日本でものを作り、それを日本の人に買ってもらい、その結果企業も潤い、結果的に日本人を雇用する、という循環をつくるべきかと。アメリカの消費文化やMBAの経営手法から脱却できるかどうか。MBA的には安い賃金で利益が出たら、株主や経営者で山分け、みたいなところは結局のところ日本の企業文化ではないと思う。それよりも今一度Europeの職人文化を見直すときかと。

続く………

ps. 時計屋に入ったら中国人だらけ。もうその瞬間テンション下げまくり。その後はもう時計を見る気がしなくなった。しまいには「Are you Chinese?」と中国人に聞かれる始末。たぶん腕時計購入の価格交渉を英語かドイツ語で手伝ってもらえるか、を期待してのことと思う。でも一度立ち止まって考えてよ、中国人かどうかを。なんでスイスに来てまで…….とちょっとショックを受けていたが、でもどうも彼らは時計屋のはしごで忙しいみたいで、お陰で風光明媚なところにはほとんどいなくて、逆にゆったりと満喫できたのでニンマリ。

 

 

Teddy IPAは最高!!

IPA(Indian Pale Ale)できました。はっきり言って、これはうまい。何度飲んでも「うま~~い」という言葉が思わず自然と出てきてしまうくらい。IPA本来の苦味をベースに、コク・カオリがある、ということで自分なりには最高の出来栄え。透明度もかなりアップ。もうオリなんてありませんよ。あれは過去のものとなりましたね。

Bottling前にいつもならCane Sugarを入れるのだが、M坊が間違って捨ててしまったので、急遽てんさい糖君が代役として登場。日本古来の和の糖分代表てんさい糖とのコラボが奏功したのか素晴らしく出来上がっている。ビールウンチクおじさんにもぜひ飲んでもらいたい。う~~ん、ホントこれはいいなあ。飲むのがもったいないくらい。これは売れるなあ~~

 

やはり計測器は日本製

最新バッチ仕込みました。今回からAmwayの高性能浄水器の水がベースなので、味に期待。今のところなかなかのいい香りを発散中。

今回冷却時にまたかの国の洗礼を受けてしまった。ある一定温度から水温計の数字が全然下がらず、あれ?あれ?としてること30分?(実際はどのくらいだろう、感覚的に) 横からM坊が壊れてるんじゃない?とあっさり。でもそれまで、使っていたんだよ、と言いつつも、もしかして、と思ったらやっぱり、壊れていた………. 今度は冷え過ぎてしまい、慌ててまたガスコンロで暖め直したくらい。数字は表示するのに正しくない、というのはもうどうにもならんね。いさぎよく、ぷちっと切れてくれたほうがいい。

と、いうことでやはり計測器は信頼の日本製でなくっちゃ。あるいは昔ながらのアナログ式が一番安心か。電池交換も入らないだろうし。

小型エンジン・軽量Bodyは面白い

ホンダCR-Zがついに我が家にやってきた。今までのインサイト君は実に良く出来た車で、運転する楽しさと燃費を両立してくれ、大満足だった。圧巻だったのは正月ラスベガスへの行き帰り。たった1.3Lのエンジンなので、あの長い登り坂を大人4人乗って高速で登れるか心配だったが、なんのその、5000-6000回転でいとも簡単にクリア。さすがホンダのエンジン、Red Zoneが6200回転なんだけど、全然余裕。6000回転で80MPHのスピードで気持ちよく走ってくれました。さらなる驚きはこれだけブンブン回したのに総合燃費は40MPGというビックリ度。今思えば最後にちょっと7000回転まで挑戦してみても良かったなあ。ハンドルについているPadle shifterなるギアチェンジのレバー、これがまた面白さを倍増させてくれ、これからこれが付いていない車には乗らないよ、と決意させてくれたくらい。F1カーなみのギアチェンジ(というとちょっと大袈裟か)で、完全にホンダのIMA式に陶酔してしまった僕としては当然の流れとしてCR-Zへ。CR-Zはさらに小型軽量の2シーター、且つ馬力アップ、さらに運転が楽しく加速が気持ちいい。大きいエンジンで馬力を上げるのは誰にでもできる(僕には作れないが)。ただ小さいものを最大効率で走れる車を作る、というのは難しいと思う。ここに日本人ならではの、ものづくり力・感性が生かされるところだと思う。ということでホンダの得意とするところだと思うので今後に期待。

夏お目見えらしいFIT EVは月々$400のリース代と総合の予想走行距離を考えるとやはりそろばん勘定が合わないと決め、EVはパス。でもこれを読んでくれている人でEVをお考えであれば、断然ホンダがお奨め。日産から営業妨害、と言われようが以下データを示せば彼らもぐうの音も出ないと思う。ネット上でころがっているデータをまとめたのが以下。

(Battery容量と走行可能距離の関係)
FIT
20KWh battery -> 123 miles in LA-4 mode
LEAF
24KWh -> 100 miles in LA-4
(Motorの出力)
FIT
92KW max output & 256N-m torque
LEAF
80KW & 280N-m

つまり日産リーフに比べ、FITのBatteryは小さいのに走行距離が長い、この数値から計算すると50%走行効率がいいことになる。50%の差ってすごい数値だと思う。スポーツでいうとプロと学生くらいの力の差があるように感じる。一方MotorはトルクはFITが小さいが最大出力は大きい。たぶん小さいMotorを効率よく回し、出力を上げるが、小さいMotor故に消費電力も少ないのだろうと想像。回生ブレーキもホンダのは秀逸らしい。で総合的に電費性能を高めているのだと思う。ということでEVにするなら今のところFIT。FITに載っている東芝のBatteryがかなり優秀らしいので、日本だったらたぶん三菱のEVもいいかも。ということで日産は残念ながら今のところ宣伝力で勝負、というところ。

でEVをやめた僕は、というと来年の冬に出てくるであろう、Motor駆動式のEV ハブリット。これを本命として、それまでになんとかして我が家の財政力を高めねば、と思案中(苦戦中?)。それまでこのCR-Zで楽しみながら。

Teddy Beer

友人のSさんからある日「Ted Beer, Ted Beer」って言ってるけど[Teddy Bear]を意識してるでしょう?って言われて、ハッとして今まで思ってもいなかったのだけれども、う~~ん、悪くないなあと思いはじめ、ちょっとSimulationしてみました。

 

どうですか?これ?もろTeddy Bear。 これだとTeddy Bear協会(というものがあるのかどうかわからないが)から大変なクレームが来て大きな訴訟問題になるのかも知れないので、やはり避けたいよね。であればこれだとどうだろう?

 

熊のようなミニ柴。これだと十分に反論できるだろう。しかしこんな犬がいるとは………

一度Teddy Beerを商標登録してみようかな?

商標登録と言えば実は以前の「中国の洗礼」の続編があって、僕が中国に市場調査で行ってすぐに謎の中国人に望遠鏡のブランド名を先に登録されてしまった。さすが中国、やられてしまった、という最後のオチがありました。どうも中国はオリが合わないらしい。まあそれはそうとして、Teddy Beerどうしようかな?

Ted Beer Recall

写真のビール、まずそうだよね、そう、実際マズイんです。一番最初に口にしたときはあまりのマズさにすぐに吐き出してしまったくらい。飲めたもんじゃない。失敗ビールなんです。開けたばかりなのに、一日そのままにしたような気の抜けた状態。

原因がわからない。キャップが完全に締まっていなかった、と思いたいのだがそれにしては数が多過ぎ。作る工程だとすると、なぜいいものもあるのだろうか?なんだろう??全部がアウトではないので、開けてみるまでわからない。なので、逆にくじのようなワクワク感という楽しみはある。でも外れたときは結構ショック。この問題に気づく前に結構友人たちにあげてしまったので、その後始末が大変。全部がアウトであれば、全部捨てて、と言えるのだが、おいしいものも半分以上はあるので、開けてダメだったら…. という風に伝えるしかなく余計大変。その後作った最新バッチは今のところ全てOKなので、尚更原因がわかない…….. という当たり外れの楽しみのある素人ビールでした。

 

 

Party-Carryable Beer

TED beer順調に進化しています。今まではあれはだめ、これはだめといろいろと制約の多かった箱入娘のTED Beerでしたが、いよいよ制約も解除、結構いい線に来た感じがする。ついにボトルの底まで全部飲んでもOK,となった。これがお店で出されても喜んで支払いますよ、というレベルかな?と自分では思っている。師匠のWidmer Beerにはまだまだ到底及ばないけどね。それもこれも近所のビール屋のオヤジのアドバイスのお陰。やはり天文の世界もそうだけど、こういうローカルのお店の存在というのは大きいなと改めて感じる。と、いうことでこれでいよいよTED Beerも外にドンドン出て行けそうだ。Partyにも気軽にビール持参ができそうです。先週末Bottlingしたのはさらに手応えがあるので楽しみ。現在2バッチ在庫が出来、正月までにもう一バッチ仕込もうかな?これからの課題はいかに効率のいい作業を構築するか。ビールも6ヶ月ほどまでAgingするとさらにおいしくなるそう。なのでもっと量産して、在庫を積み上げるしかない。

2発目仕込み完了

立て続けに次のバッチ仕込み完了。近くにキットを販売しているお店がわかったので、今回はレシピやら追加の器具やら購入。いろいろアドバイスももらえることができ、ちょっとレベルアップか。オリはなんでも肴のにこごりのようにして、オリだけをできるだけ固体化に近い状態にできるのだそうだ。で早速、それを購入して先日作ったものに投入。果たしてどうなるか?あと今回購入のレシピの中のIrish Mossというのがあり、これもどうも不純物を少なく(?)してきれいにしてくれるのだそうだ。確かにバケツに入れるとき今までよりもきれいな液体だったような。ということで正月に向け現在2バッチお休み中。ところでビールの雑誌、というのがあるのに驚いた。

こういうのを発行している会社があるのにも驚いたけど、買う物好きも世の中にいるもんで。趣味っていうものは恐ろしいものだ。天体もそうだけど。中身もなかなか面白い。どうも定期購読してしまいそうな自分がいるのが怖い。ただこの雑誌をみて、非常につらいのは何度も喉がゴクンとなってしまうこと。まあ、みんなおいしそうなビールばかりだこと。

これはWidmerの広告なのかどうかわからないけど、2008年発売のIPAのレシピだそうだ。

裏表紙の前のページなのでたぶん一応は広告なのだと思うけど、言ってることが粋だね。「素晴らしいIPAの中身は秘密にすべきではない」なんてね。しかし余裕だなあ。一面をレシピのデータだけ、というのもなんかカッコいいねえ。この雑誌のほかのページもみるにやはりWidmerはちょっと飛びぬけている感じだね。確かに自分にとっても今のところWidmerの今のIPAが最高。このページの一つ一つのスペックがわかるようになったら自分も立派なHomer Brewerか。あと面白いページでHome Brewerがプロに転向なんて、というコーナーがどうも毎回あるみたいで、行く人はそう行っちゃうんだろうね。

 

仕込み完了

結構サボってしまったが、今年第4弾の仕込み終了。

そう言えば、今まで材料の中身はお見せしてなかったかも。いつも大体このようなもの。今回はホップが強めなのか、ホップの袋が4つ。前回は蜂蜜入りだったので、蜂蜜がわんさか。今回はSierra Nevadaと同レシピらしい、名付けてSierra Pale Ale。今順調に発酵中。今年中にもう一弾、仕込んで正月に備えたい。(って、もう遅いか?)幸いにも空き瓶は3バッチくらい同時に作れるくらいたまったので今後はいかにして量産していくか(しようとする意気込みがあるか)にかかっている。ちょっと頭が痛いのが、冷却用の氷のコストが結構な割合になってくること。量が必要なので買うしかないのだが、どうも無駄に思えて仕方がない。家の近くに材料を買えるところがあるらしい、ということがわかったので、近々行ってみるつもり。色々教えてくれるかな?

ちょっと変わったビール。ヨットクラブのRandyの家で飲ませてもらったCoffee入り。冬には結構いいかも。Samuel Adamsもあの手この手で飲んでもらおうと頑張っているみたい。

New Office

ちょっとネタ切れなので、つなぎとして。事務所引っ越しました。かなり気に入ってます。前のOfficeを知ってる人であれば、結構違いはわかってくれると思う。よりお店っぽい事務所となり、お客さんもかなり来やすくなったと思う。実際突然お客さんが毎日来るようになった。来るお客さんが重なりあうなんてことは今までなかったけど、連日です。まだSpaceがあるので、もう少し展示物を充実させて、サロン風にできればいいですなあ。

それとY君提案のTed Beerをサーブできる日が来るのを楽しみにしつつ。まずはソファを置くとして。

いつも通っているスポーツジムにも近いので、家に帰る途中に寄れるのも非常にありがたい。ってジムはもっぱらサウナだけだけど。昨日数日ぶりにFreewayを運転したらなつかしいやら嬉しいやらでやたらとスピードが出てしまった。毎日Freeway通勤だったのが、いきなり全く使わなくなり大きな転換です。と、いうことで今までと全然違う仕事をしてるような感覚、楽しい毎日です。Businessは相変わらず苦しいんだけど……